昇給を見込める転職

昇給を見込んで転職するなら、業績が良くて、業務拡大をしているような企業に転職すると良いです。たくさんの利益を出した場合、たくさんの税金を払わなければなりません。国などに納めるよりも、ボーナスとして支給し、社員の士気を高め、税金を節税する道を選ぶ企業も多いからです。国や市に納めるよりは社員に与えようと考えるのは自然なことでしょう。

また、業績が良ければ、資金にゆとりがあるので、ボーナスや昇給を期待しやすくなるわけです。

ただし、儲かっていても、社員には分配をほとんどしない企業もあるので、注意が必要です。インターネットなどで口コミ情報を仕入れ、社員に分配する傾向がある企業を探し出すようにすると良いです。

昇給できるかどうかは、企業の考え方や業績にも関係しますが、最も大切なのは、本人の貢献度であることを忘れてはいけません。環境が良い企業を探すのも良いですが、それ以上に、給与アップをできるような実力を身に付けるようにしましょう。

朝日新聞:ボーナスについてのトピックス