転職活動における服装について

転職活動における会社の面接官に与える見た目の印象は重要です。

清潔感があるか、身だしなみは整えられているかなど少しでも良い印象を持ってもらえるように意識して取り組むことです。

特に服装はその人の全体像を印象つける役割が大きい為、自分に合った正しい正装をしましょう。

男性であれば、黒やグレーなどのスーツを着用するのが一般的です。

その際、ネクタイやベルト、靴、時計などは派手すぎない色で合わせましょう。

女性であれば、ボトムスはスカート派とパンツ派に分かれます。

転職先が事務職ならスカート、営業ならパンツと希望職種に合わせて変えてみるのもよいでしょう。

一部例外でアパレル関係などのクリエイティブな会社においては、服装のセンスが採用に大きく関わることも多いです。

そのような会社ではスーツよりも自分に合った自由な服装で面接官にアピールするのがよいです。

転職活動がうまくいかない方やこれから行う方はこれらを再度意識、改善してみることをおすすめします。